新入社員の今

建築本部 建築部 工事二課 阿部 英次郎

新入社員研修について

 同期のみんなと一緒に研修していた時のことを思い出してみると、4月から5月の1ヵ月間はとても貴重で大切な時間であったと思います。研修で社会人になるにあたっての勉強ができたことはもちろんですが、同期のみんなとコミュニケーションを取り仲良くなれたこともプラスになりました。それぞれ部署は違いますが、辛い時や困った時に相談できる仲間ができたと思っています。

 

マンツーマン研修について

 初めてやること、見るものが分からないのは当たり前です。大切なのはその初めてのこと、見たことないものに対しどれだけ興味を持って調べようとするかだと思います。それでも分からない時は先輩社員に聞いて「コミュニケーション力の向上+自身のレベルアップ」につなげていけば良いと思います。先輩も私と同じように新入社員だった時があるので、親身になって聞いてくれます。

 

就職活動をしている学生さんへのアドバイス

 就職して間もない私が言うのも何ですが、就職活動は本当に真面目に取り組むべきだと思います。優先基準はお給料だったり、見た目だったり、内容だったりと人それぞれですが、一番良いのは自分がやりたいことです。しかし、自分がやりたいことを見つけるのはなかなか難しいし、見つけたとしてもそれを仕事にするのはもっと難しいでしょう。それに選んだ仕事が当たっていたかどうかは、会社を定年するまで分からないかもしれません。だから気持ちは楽に、覚悟は強く、選択するのがいいと思います。

土木本部 土木部 工事三課 佐藤 秀

新入社員研修について

 さまざまな研修がありましたが、どの研修も社会人としてのスキルを身につけるには欠かせないものだったと感じます。現場での作業を全て一人でこなすことは絶対に不可能で、現場に関わる全員と協力し合いながら完成させていく必要があります。そのため協調性や集団行動のルールなどを学習する内面磨きの研修が充実していました。人として成長した先に、技術者としての成長があるのだと思います。

 

マンツーマン研修について

 マンツーマン指導はスキルアップを図る上でとても良いと感じています。分からないこと、疑問に思ったことなどをより掘り下げて教えてもらっています。一度聞いたことを忘れない工夫をするか、理解できていなくても納得したふりをするか、ちょっとしたことでも自分次第で将来が大きく異なると思います。分からないことは恥ずかしいことではありません。同じミスを繰り返す方がよっぽど恥ずかしいと思います。嫌な顔をしないで優しく教えてくれる先輩方ばかりなのでどんどん質問しましょう。

 

就職活動をしている学生さんへのアドバイス

 就活サイトやインターネットなどで目に留まった企業のインターンシップや会社説明会に積極的に参加してください。たとえば、今こうして新卒採用ページを見ていても会社の魅力や雰囲気などの全てはわからないと思います。実際にその会社の人と会って話してみると会社の雰囲気を体感でき、自分が働いているイメージが描きやすくなって、働いてみたい会社を発見できるはずです。ぜひ伊田テクノスのインターンシップや会社説明会に参加してみてください。

   

総務本部 経営管理部 柴崎 雅人

新入社員研修について

 4月から約2~3週間に渡って研修がありました。講義を受けたり、新入社員同士でグループディスカッションを行ったりして、伝えることの大切さを学べました。また、何度かある宿泊研修では、社会人としての心構えや交通安全を再確認したり、座禅で心を落ち着かせ自分の役割について考える時間をもらったりと、とても充実した研修内容でした。さらに、同期たちとコミュニケーションをとって仲良くなれる機会でもあったので、積極的に取り組んでいけたと思います。

 

マンツーマン研修について

 まだまだ勉強すべきこと、覚えるべきこともたくさんありますが、1つ1つ教わるごとに任せてもらえる仕事も少しずつ増えてきています。また、部署での「役割」というものも見えてきました。難しい業務もいきなり渡されるのではなく、先輩の指導のもと一通りできるようになってから任されるので、自分のペースで理解しながら仕事ができています。食事会や会社行事等も適度に行われているので、親睦を深められる環境にあります。一緒にお昼を買いに行くなどのちょっとした交流も大切にしてくれるのが嬉しいです。

 

就職活動をしている学生さんへのアドバイス

 まずは自分が何をしたいのか考えてください。悩んだり分からなかったりした時は、軽い気持ちでいろいろな企業の説明会に参加するといいと思います。やりたいことが見つかるかもしれませんし、こんな人たちと働いてみたいと感じるかもしれません。就職活動は苦しいこともありますが、後に自分を成長させてくれるものなので、考えることや相談することを諦めないで欲しいです。ぜひ前向きに取り組んでください。体調面に気を遣うことやスケジュール管理も忘れずに行ってください。

   

土木本部 土木部 工事三課 野辺 雅詩

新入社員研修について

 入社してからさまざまな研修に参加し社会人としてのマナーや規律を学ぶとともに、他の企業の方々との交流も深めることができました。また、報徳研修では神奈川県の小田原市にある尊徳記念館まで行き、二宮金次郎がどのような人物でどのようなことをしたのか改めて知ることができました。そんな数ある研修の中で、私が一番印象に残ったのは座禅研修です。お寺で静かに座禅を組んだり薪を割ってお風呂を沸かしたりと、たいへん貴重な体験がでました。非日常を仲間と共有することで、より一層結束力が深まったとも感じています。

 

マンツーマン研修について

 入社してから一年間、新入社員には指導員がついて仕事を教えてくれるので色々なことを学べます。入社前は自分の技術面を不安に思うこともありましたが、指導員は専門的な知識を持っていて丁寧に説明してくれるので仕事で行き詰ることはほとんどありません。また、上司や先輩方は優しいので現場の雰囲気は明るいです。歳が近い先輩もいるので、気軽に話や相談ができるものことも良いと思います。

 

就職活動をしている学生さんへのアドバイス

 私が就職活動で注意した点は、面接での第一印象や言葉遣いです。面接室に入る時の「失礼します」の声が明るくハキハキしていれば面接官も興味が湧くのではないでしょうか。言葉遣いも社会人になるにあたって必要なことですので、無意識に普段の話し方にならないように注意が必要です。最後に、何をしたいか具体的に伝えることも大切だと思います。それによってやる気を汲んでもらえるはずです。どこの面接でも必ず聞かれるので、答えられるように準備しておくことをおすすめします。

   

基礎技術本部 埼玉営業所 柳 隼人

新入社員研修について

 まず新入社員の研修期間は約2週間です。社会人マナー研修が豊富に含まれているため、社会人マナーに不安がある人も安心の内容となっています。また、私たちの業界では車の運転が日常となりますので、危険運転防止研修なども盛り込まれています。さらには埼玉県建設業協会主催の174社(2017年)が参加する研修もあります。学生から社会人になる準備として、同期も一緒に研修を受けることになりますので、交流の場にもなる期間であったと思います。

 

マンツーマン研修について

 研修期間が終わると部署配属となります。新入社員1人に対し先輩社員が専属の教育係として1年間、マンツーマンで教育をしてくれます。私は基礎技術本部に配属となり、主に地盤改良の仕事を任されることとなりました。地盤改良という言葉はどこかで耳にしたことはありましたが、どのような機械を使うか、どのくらいの工期を要するのかなど、初めは分からないことばかりでした。しかし、マンツーマン研修により2ヶ月程で全体の流れが分かるようになりました。

 

就職活動をしている学生さんへのアドバイス

 内定を勝ち取る秘訣はとにかく早く行動することです。私は4年生になってから就活を始めましたが、正直かなり遅いスタートだったと反省しています。内定をもらうまでは毎日忙しいですし、もたもたしているうちに気になっていた企業の中には採用が終わっているところもありました。幸い伊田テクノスからは滑り込みで内定をもらえました。学生も企業も年々早く動き始める傾向にあるようなので、皆さんはぜひ余裕を持って行動するようにしてください。遅すぎることはあっても早すぎることはありませんからね!

会社説明会開催スケジュール

スケジュールはこちら

採用情報

スケジュールはこちら

会社説明会開催スケジュール

スケジュールはこちら